2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 出席許可証 | トップページ | 肩トントン »

2017年2月26日 (日)

『小児科医は自分の子どもに薬を飲ませない』…2

紹介してから、ちょっと間があいてしまいましたが…coldsweats01

著者の鳥海佳代子先生ですが、旦那さまも同じく小児科の先生のようで、お子さんたちの薬は、主に旦那さまが処方されるそうです。

でも、佳代子先生は、「なるべく子どもには薬を飲ませたくない」方針…。

なので、その処方されたものの9割を、バンバン捨てていたんですって!

もちろん、そのときのお子さんの免疫状態を考慮に入れて、臨機応変に…。

佳代子先生が、まっさきに捨てていた薬は…。

鎮咳去痰剤系(咳をやわらげ痰を出しやすくする薬)や、抗生剤系(細菌を退治するための薬)だったんだとか…。

ふむふむ…。

かぜの原因となる微生物は、80~90%がウィルスらしく、細菌を退治するための抗生剤では、飲んでもほとんど意味がないらしい。

ウィルスを退治するための薬は、とっても少なくて、インフルエンザや、単純ヘルペス、水ぼうそうなどくらい。

一般的なウィルスが原因でかかるかぜは、薬が治すものではなくて、自分の免疫力。

痰を出しやすくする薬や、気管支を広げる薬はあくまでも、それをサポートしたり、症状をやわらげたりするものでしかないんですって。

あとは、下痢止めや、解熱剤なんかは、ほんとうに必要なときしか使わない。

わりと、まる子のかかりつけの先生は、薬の説明をしっかりしてくださって、必要最低限にとどめたり、処方してくださっても、必要なければ使わなくてもいいですよって教えてくれたりしますconfident

それでも、まる子は、喘息があるので、今回のインフルエンザでも、インフルエンザで喘息が悪くなる傾向があるから…と、すぐにタミフルを処方されたりして、ふつうの子どもより、たくさん薬を飲まないといけないんですよね。

解熱剤や下痢止め、吐き気止めなんかは、処方されても飲まないことが多いですが、こと咳に関する薬だけは、慎重に選択しています。

咳って、止まらなくなると、吐いてしまいますし、咳が出ることで、食欲も減退しますし、眠れませんから…wobbly

小さい頃は、風邪をひくと、喘息も出て、長引く傾向がありました。

一方、ユーちゃんは、ふだんから食欲が旺盛なので、鼻水や熱が出ても、わりとすぐに治ってしまって、同じ子どもでも、全然風邪がこわくありません。

かえって、風邪やインフルエンザくらいなら、免疫力がつくから、かかってもOK!、くらいな感覚ですhappy01

« 出席許可証 | トップページ | 肩トントン »

まるままの本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209300/69656461

この記事へのトラックバック一覧です: 『小児科医は自分の子どもに薬を飲ませない』…2:

« 出席許可証 | トップページ | 肩トントン »