2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 喘息の定期通院終了! | トップページ | まる子が応援団! »

2017年10月 4日 (水)

素敵な園長先生

月曜日は、託児付きの子育て講座に参加してきましたが…

講師の先生が、来春からユーちゃんが通う予定の保育園の園長先生で、良い先生だと聞いていたので、とても楽しみにしてました

『しつけとコミュニケーション』ということで、40分くらいお話しを聞いてから、5人くらいのグループに分かれて、気になったキーワードや、今困っていることなどを、ざっくばらんに話し合いました。

内容としては…。

『しつけは、3分間のカップヌードルとはちがう

と言われたのが、とても印象的で…。

ガミガミ言うよりも、日頃から、子どもと目と目を合わせて対話することで、子どものなかに親との安心の絆(信頼関係)が育っていると、大人の言葉が、ちゃんと子どもに届くようで…。

すぐにできるとは思わず、繰り返し繰り返し…、気長に教えていく姿勢が大切で、口で言いつけるより、大人がやっていることを、まずは見せていく。

そして、やらせて、できたらほめて、身につけていく…。

そんなふうに、子どもに手をかけることが愛情そのもので、大変なことだけど、それが未来につながっていくんだ…、ということを教えていただきました。

子どもが成長していく過程で、その愛情が、子どもを助けていくんですね。

あと、園長先生が子育てしているときのエピソードも、心に残りました

保育園に送っていったときに、お子さんが、金魚のエサを不注意でこぼしてしまったそうなんです

園長先生は、とっさに、

「あっダメじゃないのっ

と、お子さんの行動を注意しようとしたのですが…。

それを見ていた、その保育園の園長先生は(まぎらわしいですかねww)言ったんです。

「お母さん、片づけ方を教えてあげればいいんですよ」

そうか…、と思ったそうです。

私も、つい、やってしまったことを叱りがちですが、こういうときは、やってしまった後のことを教えてあげればいいんですね

人生経験豊富な園長先生のお話は、旦那さんとのことや、ほかにもいろいろと、具体的なエピソードが満載だったので、もっともっと聞いていたかったのですが、時間はあっという間に過ぎてしまいました

でも、先生とは、これからのご縁ですので、来春からの園生活を楽しみにしようと思います

« 喘息の定期通院終了! | トップページ | まる子が応援団! »

つれづれなる日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素敵な園長先生:

« 喘息の定期通院終了! | トップページ | まる子が応援団! »