2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« ユーちゃん、ダウンして復活! | トップページ | 母は、手厳しかったww? »

2020年1月13日 (月)

校長先生のチャレンジ

図書館から借りてきた、西郷孝彦さん(世田谷区立桜丘中校長)の『校則なくした中学校 たったひとつの校長ルール』を読み終わりました。

Img_2862

『すべての子どもたちが3年間を楽しく過ごせるにはどうしたらいいか』

そのことばかり考えて行動した、中学の校長先生のご著書です。

毎日ほとんどのクラスを見回るそうで、気にかかる生徒がいれば、授業中でも声をかけたり…。

生徒のことをもっとよく知るために、校長室で充電OKにして、生徒たちのたまり場にしたり…(スマホOKの中学です)。

そもそも、学校にスマホやタブレットの持ち込みを自由とした経緯に、「読字障害」をもつF君という生徒がいました。

F君の学区では、「文字が読めないので、授業中に読み上げソフトの入ったタブレットを使いたい」という相談を、「一人だけにタブレットの使用は認められない」と、認められなかったそうで…。

F君にタブレットが必要なことは明らかだけれど、しかし、特例で認めたら、ほかの子から、「何であの子だけ」と文句が出るだろうと、思い切って、ひとまず実験的に、F君のクラスは「全員タブレットを持ち込んでいい」ということに。

すると、2~3人の子がタブレットを持ってきて、学校でゲームをするようになったのですが、タブレットは自己管理なので、体育の時には、教師に預けなければならなかったり、雑に扱えばすぐに液晶画面が割れてしまったりして、結構な手間なので…。

タブレットを本当に必要なF君以外は、調べ物があるなど用事がある時以外、学校に持ってこなくなったそうです。

そして、スマホの持ち込みをOKにする代わりに、毎年のように専門家を呼んで、どういう使い方をすると危険なのか、なぜ写真をインターネットにアップすると問題なのか、講座を開催しているようです。

以前は、学校で禁止しても、グループLINEで悪口を言い合って、いじめに発展したり、友だちの写真をネットに公開してしまったり…。

学校で禁止するだけでは、ダメなんですよね。

10年かけて笑顔あふれる中学校をつくった校長先生ですが、残念ながら、この春退任だそうです。

「どうなっちゃうんでしょうね」

と、今後の桜丘中学校について聞かれると答えるそうですが、最後にこう書かれています。

* * * * *

たとえば桜丘中学校では、「生徒総会で決まったことは実行する」と決めています。

こうやってきたのは、ここの生徒たちに、「自分たちで社会は変えられる」ということに気づいてほしかったからです。

成功体験を与えたかった。

もし私が退任したあと、生徒が望む学校じゃない方向に動き出したら、誰かに頼るのではなく、自分たちで変えればいいのです。

「ぼくたちはこういう学校にしたい」、「私たちはこういう学校の生徒でありたい」とがんばればいいのです。

「世界を変えなさい」

私は桜丘中学校でのこの9年半で、この言葉を繰り返してきました。

文句を言っている暇があったら、自分が変えればいい。

アインシュタイン、エジソン、ステーブ・ジョブス…。

世界を変えてきたのは、みんな「変な人」です。

「変わっている」と後ろ指さされるのを恐れず、人と違う人になって世界を変えなさい。

だから実は、私が退任したあとのことを心配はしていません。

* * * * *

こんな中学、増えたらいいなぁ~^^

« ユーちゃん、ダウンして復活! | トップページ | 母は、手厳しかったww? »

まるままの本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ユーちゃん、ダウンして復活! | トップページ | 母は、手厳しかったww? »