2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 毎日お手伝いありがとう! | トップページ | ユー画伯、ねずこを描く。 »

2020年4月13日 (月)

自粛だけでは打開できない、適切なリーダー、のぞむ!

『自分で考え いのちを守れ!新型コロナと闘う その先の未来へ20200408』(40分程度)

児玉龍彦先生(内科医、東大先端研がん・代謝プロジェクトリーダー)と金子勝先生にうかがいます。
緊急事態宣言は出されましが、中身は外出の自粛。東京では、すでに病院の中に感染が入り込み、中核病院が崩壊しようとしています。感染の広がり調査し、感染が集中する地域を確定して封じ込めそこに周辺から医療資源を大量に投入する、今こそ正しい感染症対策に立ち戻らなければ、なすすべもなく東京は崩壊します。「大量検査、徹底追跡、隔離徹底」を当初から訴えてきた児玉龍彦先生に現状を聞きます。
新型コロナは、「軽症」に分類されている人でも高熱が長く続き、痛みも強く、消耗しています。その実態を広く共有し、東京の医療資源の有効活用を図るリーダーがまずは必要です。
金子勝先生の緊急経済対策批判とともに、ぜひ。
収録は、2020年4月8日

https://youtu.be/RUrC57UZjYk

自粛で東京は救えるか~ウイルスは変異した!PCRと抗体検査【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200412(30分程度)

新型コロナと闘う その先の世界へ第2弾、再び児玉龍彦先生にうかがいます。
感染の拡大は止まらず、しかもウイルスの変異のスピードは速く、今、アメリカが闘っているコロナウイルスは東アジア型よりずっと強いものになっていると言われています(番組の最後の方に説明があります)。
それなのに、日本では、基本的なデータがないから実態がわかりません。その中で地域の中核病院の悲鳴が大きくなっています。病院が内部から崩壊したら、私たちは裸でウイルスと闘わなければなりません。病院を守れ、それが患者を救います。
PCR検査の拡大と新たに抗体検査の実用化、今、やらねばならないことは明確です。
どうかこの動画が、行政の取り組みを変えて、緊急事態宣言後のコロナ対策の転換につながりますように。
収録は2020年4月12日

https://www.youtube.com/watch?v=7EtDPtKd4L0&feature=youtu.be

« 毎日お手伝いありがとう! | トップページ | ユー画伯、ねずこを描く。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 毎日お手伝いありがとう! | トップページ | ユー画伯、ねずこを描く。 »