2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 次は、中間 | トップページ | 秋映 »

2020年9月29日 (火)

認められている実感こそ…

子育てでは、褒めて育てよ!、と言われますが…。

最近読んだ新聞記事(信濃毎日新聞『コンパス』古山明男氏)によりますと…。

子どもには、親の意識を自分に向ける戦略が二つあるそうで…。

一つは、「良い子」になって、親に認めてもらう方法で…。

もう一つは、「悪い子」になって、親の注意を向ける方法。

その戦略は、学校でも同じだそうで、先生は、30人も40人も子どもがいる中で、学級の秩序を保つために、お説教して、褒めたり叱ったり…。

そうすると、子どもたちは、「良い子」と「悪い子」に分かれていき、「良い子」と「悪い子」は、お互いに我慢がならず、先生の目を盗んで、いじめが横行してしまうんだそう。

ということで、学校が荒れる原因は、子どもたちが「自分は人間として認められている」という実感が持てないため…、という結論になるようです。

まる子の小学校最後のクラスは、まさにこの典型だったのかもしれません。

子どもひとりひとりが、大切にされ、認められる学校教育が、早く実現するといいです!


« 次は、中間 | トップページ | 秋映 »

つれづれなる日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次は、中間 | トップページ | 秋映 »