2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

学問・資格

2011年5月17日 (火)

みんなで見守っていこう!

昨日から、また一週間が、はじまりました。

週末を、クラスのお友だちたちと、楽しく遊んで過ごせたのですが、やっぱり、月曜日の朝は、

「ほいくえんに、いきたくないぃぃ~~~crying

先生に抱きかかえられても、ママのシャツの袖をひっぱって、はなしませんsign01

最近の、彼女の決まり文句は、

「ママも、いっしょに、ほいくえんに、いてよ~」

そんな、大嵐のまる子を、担任の新米先生に預けると、副担のベテラン先生が、

「お時間があれば、ちょっとお話ししたいのですが…」

どうも、あるときから、ベテラン先生に、まる子が距離をおくようになったようで、その原因を教えてほしい、とのことでした。

「お家で、お母さんになら、なにが悪かったか、お話しするでしょうから…」

私は、また、てっきり、まる子が何かしでかしたと思ったのですが、ベテラン先生の、まる子への愛情を感じて、嬉しく思いましたheart01

さかのぼって、考えてみるに…。

「今日の保育園は、どうだった?」

と聞いたところ、もうすでに、帰りの車で、泣いていたまる子が、さらに激しく泣いて、

「きょうは、だれも、おんぶをしてくれなかったぁぁ~~~crying

と、言ったことがありました。

そうそう。まる子は、ベテラン先生のおんぶが、お気に入りで、まだこんなに泣かなかったころ、それを期待して、登園していたのですconfident

でも、クラスには18人の、手のかかる子どもたちがいるのです。

泣いているのも、まる子だけじゃ、ないはず。

ベテラン先生を独り占めできないことがわかって、まる子なりに、「がんばって」いたのでは…!?、と推測しました。

それで、いつのころからか、「ママと離れたくない~crying」が、「ママも一緒にいて~crying」に、変わったのです。

ベテラン先生は、まる子に嫌われたと思って、自分から少し距離をおこうと、考えていたようですが、私は、逆に、まる子が遠慮しているようなので、先生には、今までどおり、まる子に愛情をかけていただくように、お願いしました。

「まるちゃんもがんばっていますから、私もがんばりますっsign01

自分の両手を胸に当てながら、ベテラン先生に言われると、とても恐縮した気持ちになり、まる子は良い先生に恵まれてよかった、と思うのです。

そして、帰り際、りんごクラブまで見学にみえて、保育園に引き継いでくれた主任先生から、

「私は、つねに見てはあげられないけれど、先日も、給食のまえに、泣いてるまるちゃんと、ここ(職員室)で、一緒に遊んだんだよ。

担任の先生たちも、私も、卒園までの長い目で、まるちゃんの成長を見守っているから、安心して預けていってね

泣けたり、感情を素直に表に出すことは、大切なことだから、大丈夫!」

と、温かい言葉をいただきましたheart01

まる子の葛藤や、頑張りを認めて、気持ちをくみながら、接してくれる大人が、保育園に何人もいてくれることは、とても心強いことです。

そして、母親である私自身も、先生たちの姿勢を見習いながら、まる子と一緒に成長していかなくては、いけませんねhappy01

2010年6月16日 (水)

電車ごっこはいいけれど…

最近、まる子は、「電車ごっこ」を覚えましたtraindash

せまい洗濯カゴに入って、私にも入れと言います…coldsweats01

狭すぎてムリムリッsign01、と言うと、

「ボクねぇ、運転手さんだから。

お金入れてくださるかな?」

って…。

それって、どういうキャラ設定なんですかー(笑)sign02

2010年5月26日 (水)

みーみの結婚式♪3…友人からのサプライズ!!

披露宴も後半になると、新郎と新婦の友人たちが、それぞれに手間と時間と愛情をかけた余興を披露note

妹のほうは、趣味で一緒にバレエを習っている仲間たちが、サプライズの余興を用意してくれました。

まず第一のサプライズは、妹の大好きな『くるみ割り人形(葦笛の踊り)』を、3人のバレリーナ(友人)が踊ってくれたことですsign01

実は、この曲、私も大好きなので、本当に感動してしまいましたshine

そして、第二のビッグサプライズは、妹と家族の写真と、家族の一人ひとりが書いた手紙を編集した映像『かけがえのない家族、みーみへ』でした。

自分たちで書いた手紙とはいえ、なんだかジーンと思いが込み上げてきて、泣いてしまいましたweep

そんな母を見て、まる子はなぜか、

「パチン、するよーangry

と怒っていましたけど…sweat02

私は、その手紙の中で、妹がケアマネの試験勉強をするために実家に帰ってきていた一年間のことを書きました。

その期間は、ちょうど私の妊娠と出産の時期が重なっていて、

産後が大変だった私の身のまわりの世話や、まる子の子守りを喜んでやってくれたので、すごくありがたかったのです。

性格のまったく違うふたりだったので、年子とはいえ、お互いに何を考えているのかわからないような姉妹だったのが、

この一年間で、しっかりと絆が深まったのでしたhappy01

でも、結婚式が終わってから、妹がメールをくれたのですが、

「実家にしばらく帰ろうと思ったのは、資格を取るためじゃなかったんだよ。

まるままの結婚式が終わって、千葉へ戻るバスのなかで、突如思い立って心に決めたこと。

そんなインスピレーションみたいなふしぎな感覚shine

バスに乗るまでは、そんなこと思ってもいなかったから、今思うと、まる子に呼ばれたのかな?」

とありました。

私が結婚してすぐに、まる子がお腹に来たあたり、妹の直感もあながちハズレではないのかもしれませんconfident