2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

つれづれなる日々

2020年9月17日 (木)

自分なりの学びのスタイルをもった子

前回、まる子の中学校で、スクールカウンセリングを受けたのが、先週の火曜日でしたが…。

昨日は、カウンセリングの先生(養護学校で自立活動を専任)が、まる子の1時間目の授業を参観されまして…。

その様子を踏まえて、そのあと、私と1時間ほど面談する時間を、作ってくださいました。

小学校の頃、スクールカウンセリングというと、月に一度、決まった日だけ…、というスタイルでしたが、中学校はもっと自由度が高いようで、その子に合わせて、先生が動いてくださるようです。

1時間目は、ちょうど、まる子が好きな、英語の授業…。

先生の印象では、若い女性の先生が、とても良い感じに授業を進めていて、まる子の様子からも、特に心配されるような態度は見つけられなかったようでした。

「自分なりの学びのスタイルをもった子だから

ベテランの先生の授業だと、『今は ノートをとる時じゃない!』とかって、言われちゃうのかな」

とは、言っていましたが…。

やっぱり、小学校最後のクラスで、クラスメートの男の子から、陰湿でしつこい攻撃を受け続けたストレスっていうのは、中学に上がって登校できるようになったからといって『消える』ものではなく…。

まる子は、この時に、その男の子に対して、『きょうだいが多くてかわいそうな子だから、しかたない』と、その子を責めずに、自分のなかでため込んでしまったので、自律神経がおかしくなって、ひどい頭痛や、皮膚のトラブルなどが出てしまったんですよね。

不安な時っていうのは、自分の『特徴』が強く出てくるようで…。

当時から、すごく敏感になったり、こだわりが強くなったり、汚いといって、プールに入れなかったり、雑巾を絞れなかったりする『不潔恐怖』の症状が出てました。

まだ敏感だったり、不潔恐怖の症状が少し出ますが、中学では、掃除の係で、雑巾を絞っているようです。

こだわりが強いのは、白か、黒か?ってことで、真ん中のグレーゾーンのことがわからないのですが…。

世の中は、グレーゾーンなことばかり。

こういう感覚を、徐々に身につけていくことが、これからの課題です。

例えば、朝から学校へ行かなかったら、もうその日は休んで行かない!…し、学校へ行くなら、朝から行く!…ということで…。

そういう子が、お腹が治ったから、2時間目から行こう!…ってなったら、「おぉ!」って思って、褒めてやる…、その繰り返しを半年から一年くらい続けていくのが、いいようです。

 

 

 

 

 

 

2020年9月15日 (火)

稲刈り なかなか難儀しています

昨日、今日と、連日、稲刈りをしてました。

昨日は、体調が悪いという近所の方に頼まれて、急きょやることになりまして…。

Img_5750

今日は、うちのを2枚刈り…、日曜日に、1枚刈れたので、うちの田んぼは、三分の一刈り終えました。

天気を見ながら、着々とこなしております。

今年は、7月の長雨のせいで、中干しができなかったので、どこの田んぼも、いまいち乾ききらない感じで、作業がやりにくいです。

近所の田んぼも、一気に出来ずに、少しずつ刈っている感じ。

中干しは、夏の暑い盛りに、水を抜いて、土を乾かすことですが…。

こんなメリットがあるようです。

1.根が強く張るように 土中に酸素を補給して 根腐れを防ぎ、根の活力を高めます。

2.土中の有害ガス(硫化水素、メタンガスなど)を抜くことができます。

3.水を落とすことによって 肥料分である窒素の吸収を抑え、過剰な分げつを抑制します。

4.土を干して固くし、刈り取りなどの作業性を高めます。
(クボタのたんぼ https://www.kubota.co.jp/kubotatanbo/rice/management/drying.html より) 

収量や味が落ちないといいなぁ、と思います。

2020年9月11日 (金)

稲刈りはじまりました 2020

8853f365ec824c19a029fa6e804bf125

雨の合間の、木曜日…、思い切って、頼まれている田んぼの稲刈りを、パパがやってきました。

頼まれている田んぼと、うちの田んぼと…。

今年も、無事に稲刈りが終わりますように!

お天気と…、機械の調子と…、ケガなく安全に順調に…。

 

2020年9月 9日 (水)

ほんとうに よかった

昨日は、いろいろありまして…、スクールカウンセリングも受けましたが、午後は、まる子を歯医者さんに連れて行きまして…。

待合室で、順番を待っていたところ…。

治療が終わって、戻ってきた方が、奇遇にも、小学校の校長先生でした。

お互いに、「おぉ、こんなところで…!!」という感じであいさつをしまして…。

まる子が、ひとりで、診察室に行ったのを見届けてから…。

校長先生が、まる子が中学のジャージ姿だったのを見て、

「(中学から登校できるようになって)ほんとうに、よかったですねぇ^^」

と、しみじみ言われました。

それから、

「小学校では、対応が遅れて、フォローができなくて、ほんとうに申し訳なかったです」

と、謝罪の言葉がありました。

無事に卒業したけれど、気にしてくださっていたんですね。

心からのお声がけが、嬉しくて、これでまた一区切りできたようで、お会いできてよかったです。

2020年9月 6日 (日)

みなさまもご自愛くださいませ

この夏は、ほぼ毎週末、ユーちゃんとカッピが、私の実家で遊ぶ約束をして、屋上でプールをしたりしているのですが…。

今日は、プールをしないというので…。

ふたりで何やら遊んでいるうちに…。

なんと、2時間もお昼寝してしまいましたwww

しかも、めずらしいことに、まる子まで一緒にお昼寝してまして…。

夏の疲れが出たのかもしれません。

お盆を過ぎても、猛暑続きでしたからね。

みなさまも、ご自愛くださいませ。

2020年9月 5日 (土)

秋祭り 2020

今日は、実家の氏神様の秋祭りでした。

本来なら、年番でしたので、父が年番長として取り仕切り、私は花火のアナウンス、旦那は子ども神輿の誘導を頼まれてましたが…。

やっぱりコロナの影響で、いつものお祭りはできず、20分くらい花火を打ち上げるだけになりました。

Img_5674 Img_5670

実家の屋上から、ケイチやカッピたちと眺めていましたが…。

山々に囲まれたこの地の花火は、音や振動が大迫力で、子どもたちがキャーキャー騒いで、大盛り上がりでした^^

 

2020年8月10日 (月)

パパの治療法

今夜、20時からは、『キッズも参加☆海洋汚染浄化柏手企画』です!

キレイで、楽しい海の風景をイメージしながら、みんなで一斉に柏手を打つだけ、というカンタン企画ですので、どうぞよろしくお願いします~♪

さて、乳ガンの手術が無事に終わり、退院して2週間経った、パパですが…。

手術で切り取った主要組織の、病理組織診断の結果が出まして…。

おかげさまで、やっぱり他への転移や、リンパの転移がなかったので、抗がん剤治療は必要ないことがわかりました^^

でも、女性ホルモンの働きを抑える薬の服用は必要なようで、最低5年間、タモキシフェンという白い錠剤を服用することになりました。

副作用は少ないようで、更年期障害のような症状が出る人が5%ほどいるようです。

実際、服用してみて、パパにとっては、副作用は気にならない程度とのこと…。

ホッとしています。

 

2020年7月26日 (日)

パパ、やっと退院!

乳ガンの手術を16日に無事終えたパパでしたが…。

なかなか内出血が止まらず、元気はあって、院内を歩きまわっているようなのですが、退院が長引いてました。

それが、昨日、ようやく、今日退院できると連絡があって、午後迎えに行くことになってます^^

コロナの影響で、面会がまったく出来ず、手術当日に行ったきり、あとは退院の迎えだけというwww

でも、今は、LINEでビデオ会話もできますしね。

良い時代です。

10日にわたるパパの不在でしたが…。

まる子は、羽を伸ばしww

ユーちゃんも、ふだんとそれほど変わることなく、生活することができました^^

良い先生たちがそろって、お友だちにも恵まれた、安心して預けられる保育園なので、私の精神面が安定して、ユーちゃんが変に不安定になることがなかったのかもしれません。

仕事を手伝ってくれた身内や、仲間たちにも感謝ですが、子どもを支えてくれた保育園にも感謝です。

まる子の中学校の校長先生も、良いタイミングで励ましてくださいました^^

不安になることはいくらでもできますが、今回は、今まで見えていなかった温かい支えや、ラッキーなことをクローズアップして、乗り越えられたような気がします。

パパの元気さにも救われましたが、みなさん、ありがとうございました!!!!

 

2020年7月17日 (金)

手術、無事成功しました!

昨日は、パパの乳ガンの手術に、付き添っていました。

手術自体は、2時間ほどのものでしたが、全身麻酔をしてからだったため、手術の前後に、約1時間ほどずつかかりました。

穏やかで落ち着いた先生だったので、手術自体は全然心配していませんでしたが、リンパへの転移の有無が気がかりでした。

結果的には、リンパへの転移はなく、ガン自体も、筋肉まではいっていない程度のものだったので、最低限の手術となり、ホッとしています。

術後の意識もハッキリしていて、痛い、痛い…、とは言っていましたが、さっそく、

「アイスが食べたい」

とか、

「退院したら、焼き肉を食べに行くぞっ!」

と、食欲がある様子で、元気そうでした^^

パパ自身も、緊張の手術が無事に終わりホッとしていると思いますが、私も、ホッとしました!!!

 

 

 

2020年7月16日 (木)

乳がん

パパが、乳がんの宣告を受けたのが、先月はじめ…。

昨日、入院し、今日の午後、手術です。

一年半くらい前から、左胸にしこりがあると、気にしていたのですが、今年は、コロナの影響で、集団健診ができず、各々で予約して、かかりつけ医で健診をした時に相談したところ、その場で、総合病院に紹介状を書いていただきました。

今の時点ではリンパまではいっていないとのことで、ステージ2…、早い段階でわかってよかったね!、と言われているところです。

パパとしては、この農繁期の忙しい時期に、一週間近く入院することを心配していて、任される私や義母も、少々の不安を抱えていましたが…。

(まる子は、今日、期末試験…、明日、英検受験…、明明後日、ダンスの発表会と、慌ただしいのですww)

昨晩は、義弟と甥っ子(三男君)が、出荷のお手伝いに来てくれて…。

明日からは、組合の仲間が、手伝いに来てくれるようです。

私の実家や妹も、ユーちゃんを預かってくれたり、まる子の送り迎えを引き受けてくれているし…。

助けが必要なときに、快く引き受けてくれる人たちが、まわりにいることに、感謝の気持ちでいっぱいです。

注射もコワいパパで、全身麻酔をしてからの大掛かりな手術…、昨晩は眠れないなぁ…、なんて言ってましたが、心配材料が減れば、よけいな神経を使わずに済みます。

奇遇にも、パパの担当の看護師さんが、生後一ヶ月でRSウィルスで入院した、ユーちゃんの看護師さんと同じ方で、私としても、かなり安心しています。

どうか、無事に手術が終わり、順調に快復できますように!!

 

より以前の記事一覧