2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

つれづれなる日々

2017年11月10日 (金)

小児の災害時持ち出しグッズ

火曜日、ユーちゃんが行きたいと言った、ちょっと離れたところにある、つどいの広場では…chick

市立病院小児科の看護師さんがみえて、小さい子どものホームケアの方法を教えてくださいました。

発熱時や、下痢、嘔吐、けいれんなど、代表的なものを教えてくださったのですが…。

最後に、小さい子ども用の災害時持ち出しグッズの提案があり、参考になりましたconfident

そのなかで、いちばん大事だなsign01、と思ったのが、『常備薬3日~1週間分』です。

先月末に、まる子は、日帰りの社会科見学があったのですが…bus

酔い止め薬のことばかり言っていて、すっかり喘息の吸入薬を忘れてしまったのですww

幸い、帰ってくるまでのあいだに、発作が出ることはなかったのですが、最近では、めったに発作が出なくなったとはいえ、災害時のような緊急事態には、なにが起こるかわかりません。

良い機会なので、災害グッズを見直そうと思いました。

さて、驚いたことに、この看護師さん、ユーちゃんを見て、

「うちに入院してなかった??」

と、覚えていたんですsign01

まだユーちゃんが、生後1ヶ月にならない頃に、RSウィルスにかかりまして、即入院となったんですよねsweat01

そして、さらに、1ヶ月後には、風邪だったのですが、3ヶ月未満の発熱ということで、またもや入院となった経緯がありましたsweat01sweat01

私は、すっかり忘れていたので、ほんとうにびっくりしました。

2017年11月 7日 (火)

遊びって、大切!

今日は(も!?)、子どもの森公園へ…。

ちょうど、野外保育や外遊びプロジェクトを起ち上げ、ご自身も子育て中のママさんから、座談会のようなかたちでお話があり、参加してきましたear

ユーちゃんは、スタッフさんが見てくれましたhappy01

遊びの大切さについてがテーマだったのですが…。

子どもは、自分が好きな遊びを十分にさせてもらうと、自己肯定感が育つようです!

これだけは、お母さん、忘れないでねsign03…と、言われました(笑)

今度、その方の野外保育(自然保育)の未就園児向けの体験教室に、電車遠足や、たき火で焼きリンゴなど、楽しそうなものがあったので、一度参加してみようかな…。

2017年11月 3日 (金)

10周年の節目に…

今日は、まる子の通うミュージカルスタジオのshine10周年shine祈念パーティーでしたnote

元タカラジェンヌの先生が、この地にお嫁に来て、地元の高校の先生から、

「ぜひ、子どもたちにミュージカルを教えてあげて欲しいsign03

と、頼まれたのが、このスタジオ誕生のきっかけだと、先生のはじめの挨拶から知りました…ear

それまで、先生は、ご自分が舞台で演じることはしてましたが、教えたことはなく、子どもを育てるのは重責だと、何度か断ったようですので、先生の思いきった決断のおかげで、このスタジオがあるんです。

なんだかんだと言いながらも、小さい子向けの基礎クラスから始まったまる子も、バレエ、ジャズバレエとつづき、今では、タップまでやってますnotes

かれこれ、6年は経ちました…。

こんな便の悪い田舎で、本場の歌とダンスが習えるなんて、とってもラッキーですhappy02

今日は、第一期生の生徒さんたちや、卒業した生徒さんと保護者のみなさんも集まり…、そしてそして、はるばる宝塚市から、先生のお母さんもお見えになり、大盛り上がりの会となりましたshine

2017年10月28日 (土)

校長講話の良いお話

まる子が、昨日持ち帰ってきたお便りのなかに、校長先生のお話(『~本当のヒーローとは~』)をまとめた文章があり…。

ちょうど、内容が、今、ユーちゃんが大好きなアンパンマンと、作者のやなせたかしさんのことだったので、読んでみたところ…。

心に響く素晴しい内容だったので、忘れないように、ここに記しておきます。

※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※ 

皆さんの中の何人かに「好きなスーパーヒーローは何ですか?」と質問したところ、9レンジャー・獣王ジャー・仮面ライダー・ガンダムなどの答えが返ってきました。

ほかに、アンパンマンと言った人もいました。

アンパンマンは、他のヒーローたちと決定的に気に違うところがあります。

アンパンマンはお腹を空かせている人に、自分の頭をちぎって食べさせることができます。

アンパンマンの頭が減っていくので、ちょっとかわいそうなのですが、自分を食べさせるスーパーヒーローなんて他には見たことがありません。

アンパンマンの作者である、やなせたかしさんがこんなお話をされています。

『わたしが、まだ小さい子どもの時、遠くの町へ一人で遊びに行って、財布を落としてしまった。

そのため家に帰る電車の切符を買うこともできません。

夕方で暗くなってくるし、まわりは知らない人ばかり。

一体どうしたらいいのか、何も食べることもできず、死ぬほど心細かった。

世の中の人は、急ぎ足で自分の家へと帰っていきます。

みんなせかせか歩いていて、ひとりの少年がお金がなくて困っていることに気がつく人などいません。

しかたなしに、12キロばかり離れた自分の家まで線路を歩いて帰ることにしました。

そのとき「やなせ君!」と呼ぶ声がするのです。

見れば、友人のK君がお母さんと一緒にいるのでした。

わたしには、K君とそのお母さんのところだけバラ色に輝いているように見えました。

K君のお母さんは、「どうしたの」と話を聞いてくれ、「お腹が空いているでしょう」と言ってアンパンを買ってくれました。

帰りの電車の中で食べたアンパンほどおいしいものを私は食べたことがありません。

アンパンは、わたしのお腹にしみ、心にしみました。

心の底から幸せな気持ちになりました。

幸せは、困っている時や、悲しんでいる時に実感するんだと思いました』

やなせさんはその時に、「本当のスーパーヒーローは、ほんのささやかな親切を惜しまない人だ」と、思ったそうです。

そして、そういう話をいつか書きたいと、子ども心に考えたのが、この「アンパンマン」だったのだそうです。

わたしたちは、何かに困っているときに助けてくれた人、悲しい気持ちになっている時に「大丈夫だよ」「手伝ってあげるよ」と励ましてくれた人、そんな思いやりのある人に出会った時、「ほんとうにうれしいなー」「神様みたいに思えるなー」って思った経験、皆さんにもあると思います。

このように、わたしたちは、ちょっとした親切や思いやりの心で、困っている人を助けてあげたり、悲しんでいる人に喜んでもらったり、人を幸せな気持ちにさせることができます。

わたしたちは、ウルトラマンやスーパーマンのようなスーパーヒーローにはなれなくても、皆さんが持っている親切や思いやりの心で、まわりで困っていたり、悲しんでいたりしている人を助けられるのです。

わたしは、小さな思いやりの心や、親切のできる人が、本当のスーパーヒーローだと思っています。

やなせたかしさんは、24歳の時に戦争に行かなければなりませんでした。

そして、その時の戦争で、大切な弟さんを亡くしています。

弟さんは、死んでしまいました。

アンパンマンの歌は、やなせたかしさんが弟さんのことを思って作った歌だといわれています。

心の中で歌ってみてください。

やなせたかしさんは、今はもう亡くなってしまいましたが、やなせさんの残した言葉を最後に紹介します。

「今を一生懸命生きるということと、目の前にいる人を喜ばせる。

毎日、それをやっていきます。

それしかありませんね。

きっと、これからも」

繰り返しになりますが、わたしは、小さな思いやりの心や、小さな親切のできる人が、本当のスーパーヒーローだと思っています。

皆さんも、心優しいスーパーヒーローになりましょう。

※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   

2017年10月21日 (土)

選挙、どこに投票していいかわからないときは…

<2017衆院選>各党の公約を比較する

http://nattynote.com/2017/10/election/

衆院選だけじゃない 同時に行われる「最高裁判所裁判官国民審査」とは

http://www.huffingtonpost.jp/2014/12/12/election-supreme-court_n_6313014.html

自分を見つめて、家族をおもう時間

水曜日に、子育て講座の第3回目がありましたchick

お料理(第1回)、子どものしつけ(第2回)とつづき、最終回は、『私と子どもとみんなのカンケイ』というテーマで、「まなびと」代表の井坪まゆ美さんが、講師をつとめてくださいました。

どんなことをやるのか、わからないまま受講してみたのですが…。

意外にも、自分と向き合う時間をいただいた感じで…。

「自分は、過去、現在とどんな役割をしてきて、未来は、どんなことをしてみたいのかな」

とか、

「自分は、どんなことにワクワクするのかな」

「ほかの人から、どんなふうにしてもらいたいのかな」

といったワークを、短時間でパッパとやって、グループでシェアしました。

自分の欲求を知って、定期的に自分を満たすことは大切なことで…。

そこから、ほかの家族の欲求は何だろうな…、っていう、お互いに心地よく過ごせる家族のかたちを創り上げていく。

帰ってきてから、さっそく、家族とシェアしてみました。

私がワクワクすることは、いくつかのワードの中から選んだのですが…、「創造する」「勇気づける」「自分を磨く」でして…。

旦那のワクワクすることは、「熟練する」「共感する」「サポートする」でした。

夫婦でも、お互いのワクワクは、ちがいますし、50代の旦那にとっては、今までやってきたことを追求していくことや、次の世代に渡していくことが、喜びになるようですsmile

ちなみに、まる子には、ワードを見せずに、まる子の一番ワクワクすることを聞いたのですが…。

ちょっと考えてから、

「シールッsign03

と、返ってきました(笑)

たまには、家族の大事にしていることを話し合うのも、いいものですね。

2017年10月20日 (金)

選挙に行きましょう!!

22(日)は、衆議院選挙ですね!

ぜひ、みなさん、投票して、自分の意志を表明しましょう。

”1分でわかる 政党の選び方”を紹介したブログがありましたので、参考まで!!

『お笑いジャーナリストへの道』

【全国の学校に無料で出張授業を届けたい】

選挙に参りましょう!

衆院選においては
初の 18歳選挙権 が導入されます。
同世代の若者の投票率をあげたいんです!!!

 

10月の衆院選前まで

全国の学校に無料で

「笑える!政治教育ショー」を開催しております。

https://camp-fire.jp/projects/view/46663

 

この期間に限り、みなさまにご寄付いただき

笑下村塾では全国の学校に出張授業しています。

 

ですが、全部の学校には授業を届けられないので

1分でできる!政党の選び方 を作りました。

 

 

「選挙だるいっ!」

「自分の1票なんかでかわらない!」

と思っている方、ぜひこれを見て投票所にいってください!

 

10月22日です!

 

その日忙しいよって方は、

いけないなら前もって投票受け付ける

期日前投票っていう便利な制度もあります!

 

こちら!1分でできます!

 



このチャート式を使ってください!!

 

 

本当はマニフェストを読んでいただきたいです。

でも、わからないからって、
選挙にいくのを諦めないでほしいんです。

政治とは距離があります。

それは、メディアで伝える私たちの責任でもあります。
でも、少しでも変えたいです。

「選べない人なんていない」と思います。

だって、私たちは日々いろんな選択をしています。

部活帰り喉がかわいたなぁー
でも、何飲むのか選べないから
何も飲まない!!

なんてことないですよね。

「オレンジジュースは絶対嫌だ」

「スポーツドリンクか、お水の気分だなぁ」

 

「今日はなんとなくお水!」

 

というように迷いながら選択しますし、

もしかしたら1週間後は違う選択になっているかもしれませんよね。

 

選択は変わってもOKなんです。

 

この人は嫌だ!

だから、その人以外にいえるっていうのも大事な一票なんです。

そのことによって、変な人を政治家にさせないってこともできます。

 

投票にいかない人は政治家から無視されちゃいます!!

(お気の毒!!!)

 

だから、若者が選挙にいかなかった結果、

教育費にあまりお金が使われなかったり、

非正規雇用がすすんじゃったり、

国債の負担や年金の負担など

若者があまり主役になれませんでした。

 

私たち若者は人口が少ないです。

 

だから、声をより、あげなきゃいけないんです。

 

衆議院選挙、初の18歳選挙導入です。

こんなに主役になれるチャンスを私たちは放棄しますか?

 

先輩たちが、憲法や安全保障という問題を先送りした結果

70年もたち、私たちの目の前につきつけられました。

 

借金もたくさんあります。

孫のクレジットカードを使い続けて知らん顔。

 

私たちも同じことをしますか?

 

ミサイルがうたれて右往左往する社会や国を後輩に残し続けますか?

 

部活だって会社だって引き継ぎはちゃんとした方が気持ちよくないですか?

 

今の日本の政治は問題点もたくさんあります。

だから一つでも解決して、次の世代にバトンタッチしませんか?

 

 

 

子供ができたことないけど・・

自分の子供ができたら、楽しくてわくわくする社会を残してあげたいざます。

 

少なくても解決策ぐらいは

いくつか提示してあげたいです。

 

だから私は政治を勉強し続けます。

 

 

私の授業では政治の敷居を

下げることしかできないかもしれません。

 

でも一人でも多くの子供たちに届けて、政治を身近に感じていただきたいです。

 

 

全国の学校に無料で

「笑える!政治教育ショー」を開催しております。

https://camp-fire.jp/projects/view/46663

 

 

 

ぜひご支援、ご拡散くださいませ!

 

2017年10月17日 (火)

ユーちゃんの2歳児相談

今日は、ユーちゃんの2歳児相談で、保健センターに行ってきましたchick

体重10.15㎏、身長83.5㎝…、順調に育ってます^^

内容は、歯科衛生士さんに歯や噛み合わせの状態を見ていただいたり、家庭での歯磨きをチェックしてもらったり…smile

栄養士さんとの個別相談や、保健師さんからのお話と個別相談、図書館司書さんから絵本の紹介など…dash

わりと内容盛りだくさんで、1時間くらいで帰ってくるつもりが、2時間弱くらいかかってしまいましたsweat01

さて、今回は、心理士さんもいらしていたのですが…。

まる子が、発達支援の学級に通った、入園前の1年間や、担任の先生と合わなかった年中の1年間にお世話になった方だったので、とても懐かしい気持ちになりましたheart02

まる子の良いところを認めて、とても親身になって、相談にのってくださった方が、まだ同じ場所で、同じように活動されていると知り、とても嬉しかったです^^

発達支援の学級の先生方は、みなさんとても良い方たちばかりでしたので、当時の経験が、今のユーちゃんの子育ての支えになっていますconfident

子育てに困ったら、行く場所がある…、って知っていることは、ほんとうに心強いことです!

2017年10月 4日 (水)

素敵な園長先生

月曜日は、託児付きの子育て講座に参加してきましたが…chick

講師の先生が、来春からユーちゃんが通う予定の保育園の園長先生で、良い先生だと聞いていたので、とても楽しみにしてましたnote

『しつけとコミュニケーション』ということで、40分くらいお話しを聞いてから、5人くらいのグループに分かれて、気になったキーワードや、今困っていることなどを、ざっくばらんに話し合いました。

内容としては…。

『しつけは、3分間のカップヌードルとはちがうsign03

と言われたのが、とても印象的で…。

ガミガミ言うよりも、日頃から、子どもと目と目を合わせて対話することで、子どものなかに親との安心の絆(信頼関係)が育っていると、大人の言葉が、ちゃんと子どもに届くようで…。

すぐにできるとは思わず、繰り返し繰り返し…、気長に教えていく姿勢が大切で、口で言いつけるより、大人がやっていることを、まずは見せていく。

そして、やらせて、できたらほめて、身につけていく…。

そんなふうに、子どもに手をかけることが愛情そのもので、大変なことだけど、それが未来につながっていくんだ…、ということを教えていただきました。

子どもが成長していく過程で、その愛情が、子どもを助けていくんですね。

あと、園長先生が子育てしているときのエピソードも、心に残りましたshine

保育園に送っていったときに、お子さんが、金魚のエサを不注意でこぼしてしまったそうなんですsweat01

園長先生は、とっさに、

「あっsign01ダメじゃないのっsign03

と、お子さんの行動を注意しようとしたのですが…。

それを見ていた、その保育園の園長先生は(まぎらわしいですかねww)言ったんです。

「お母さん、片づけ方を教えてあげればいいんですよ」

そうか…、と思ったそうです。

私も、つい、やってしまったことを叱りがちですが、こういうときは、やってしまった後のことを教えてあげればいいんですねhappy01

人生経験豊富な園長先生のお話は、旦那さんとのことや、ほかにもいろいろと、具体的なエピソードが満載だったので、もっともっと聞いていたかったのですが、時間はあっという間に過ぎてしまいましたdash

でも、先生とは、これからのご縁ですので、来春からの園生活を楽しみにしようと思いますcherryblossom

2017年9月30日 (土)

【訂正】思わず笑える、主婦に優しいCM

ご指摘をいただき、ありがとうございましたshine

これこそが、主婦に優しいCMです~

https://www.youtube.com/watch?v=-BfEMAIa8PY

より以前の記事一覧